Twitterを制限してNuzzle/Reederを使うようにした

Twitterついついダラダラと見続けてしまうので、良くない。iOSの最近入った機能のスクリーンタイムを使って使用時間を制限することにした。1日30分。

とはいえ情報収集の側面もあるので、代替手段としてNuzzle/Reederを使うようにした。どちらも以前は使っていたものの、ここ数年はほとんど使うことがなかった。

Nuzzle

Twitterのアカウントを連携するとTL状に現れたURLをサマリーしてくれる。アプリでも確認できるし、デイリーのメールも送ってくれる。

人気や話題の記事は漏らさずに拾ってくれてるので「えっそれは知らなかった」みたいなこともない。

あとやたらとURLを含むツイートをたくさんするアカウントがあると、けっこうノイズ感がある。まぁこれはTwitterのTL見ててもそうなんで、仕方ないんだけど。

Nuzzleで拾った記事で良さそうだったらRSS購読するという流れにしている。

Reeder

RSSリーダーアプリでFeedlyのフロントとして使っている。 RSSだけだと新規にフィードが増えていかないし徐々に不活性になってしまうので、それを補うためにNuzzleを使う。

Nuzzleで書いたように、Twitterで見かけたブログ記事の内容が良かったらそのブログを購読するようにしていた。

さっき確認したら登録フィード数は170位あったが、もちろん毎日全部のサイトが更新されるわけではない。1日10件程度で、タイトルだけで判断して興味がなければ見なければ良い。

おわりに

Twitterを直接見るのに比べると色んな記事の流量は減ってると思う。知る機会は減ったかもしれないが、知らなくても良いことを知らずにすむようになったんではないかと思う。

ノイズが少ない方が自分としては嬉しいかもしれない。

npxが便利だった

最近またNode.jsを触ってる。

npmで色々インストールするときに、そのプロジェクトでしか利用しないものは、やっぱりグローバルな領域にはインストールしたくない。

けど、そうするとnode_modules/.binにPATHを通すとか一回り工夫しないといけなくて、地味にめんどくさかった。

npxはその辺りを上手くやってくれるツールっぽい。

npx パッケージ 引数

みたいに実行する。

色々できそうだが、今のところはコマンド呼び出しにしか使ってない。

gitのpush.defaultをcurrentにした

pushが楽だからという理由で設定を変更した。

currentとsimpleの違い

push.defaultのデフォルト値は過去に変更されたことがあって、2.0以降だとsimpleになっている。

simpleはupstreamが設定されていて、同名の場合にプッシュ先を省略できる。

currentは同名のブランチだけをプッシュする。upstreamが設定されていなくても良く、リモートリポジトリにブランチがなくても良い。

自分の使い方

gitのブランチの作成はローカルでやる派なので、何か新しいissueに取り掛かる時には、

$ git checkout -b do-something

として、ローカルでブランチを作成する。一通り作業が終わったら、

$ git push -u

とする。

simpleとは違ってブランチ名を指定しなくてもプッシュができるだけなんだけど、地味に便利。

vcs_infoの都合で-uを使ってupstreamを設定しているが、無くても問題ない。

異動した

先日病気をしてからの体調面のこと、幸いに受け入れてもらえるチームがあったこと、などいろいろあって異動することにした。

以前の部署では、休んでた期間を除いて一年強と短い期間ではあるが、複数チームが関わる大きなプロダクトに携われたことは、とても良い経験になった。

今日からはスモールチームでやっていく。規模感は前とは全然違うが、その分自分が関われる範囲は広いだろう。それに自分の実力が成果に直結することになるので、今まで以上にちゃんとしてないと。

とはいえあまり意識高い感じでこじらせるとしんどいんで、良い感じでパフォーマンス出せるようにがんばろう。

zshでGitのリモートリポジトリのホスト名を表示する

zshではvcs_infoを使用して作業中のリポジトリの情報を表示することができる。「zsh vcs_info」でググるといろいろと出てくるが、私は以下の記事をベースに設定を行って、少しずつアップデートしている。

zsh の vcs_info に独自の処理を追加して stash 数とか push していない件数とか何でも表示する(記事は4年ほど前のものだが、zsh自体がそんなにアップデートしているわけでもないので、今でも十分通用する)

最近になってgithub.comgitlab.comのどちらも使用するようにしたので、リモートリポジトリを間違えないようにホスト名を表示できるように修正した。

リモートリポジトリのホスト名を取得する

git ls-remote --get-urlでリモートリポジトリのURLを取得できる。このURLは.git/configに記載されているものが表示されるようになっている。たぶんgit remote add origin REMOTE_REPOSITORYで設定したものと同じになるはず。リモートが複数設定されている場合にどうなるか未確認だが自分のユースケースではそれはあまりないので、気にせず使っている。

git@github.com:kawaken/dotfilesという構成になっている場合が多いので、:@で分割してホスト名に該当しそうな箇所を拾っている。

hostname=$(git ls-remote --get-url | cut -d: -f1 | cut -d@ -f2)

プロンプトに表示する

自分の場合はhook_com[branch]の中に混ぜ込むようにしている。 https://github.com/kawaken/dotfiles/blob/master/zsh/vcs_info#L54

-    echo "%f${arrow}%F{cyan}${remote}%f${(j:/:)gitstatus}"
+    echo "%f${arrow}%F{cyan}${remote}(${hostname})%f${(j:/:)gitstatus}"

最終的にはこんな感じで表示される。

f:id:kentaro_kawano:20180926234632p:plain

出力結果が長い

ホスト名が出るのは良いが、ちょっと長いので短くしたい。ここで以前書いたホスト名を短くする手法を使う。SSH_CONFIGを使用してgitのリポジトリURLを短縮する

# gh = git@github.com
git remote rm origin
git remote add origin gh:kawaken/dotfiles
git branch -u origin/master

f:id:kentaro_kawano:20180926234611p:plain

シンプルな表示になった。

GitLabCIの結果をGitHubにコミットする

hugoで生成したHTMLをコミットしたかったのでやってみた。

SSHのキーペアを作成する

既存のものは使い回したくないんで、新規に作成する。

$ ssh-keygen -f id_rsa_gl2gh

作った鍵は以下のように使用する。

  • 公開鍵 -> GitHubのDeploy keyとして設定する
  • 秘密鍵 -> GitLab CIのVariableに設定する

GitHubでのDeploy keyの設定

コミットしたいリポジトリの設定から、作成した公開鍵をDeploy keyに追加する。 追加したあと、SSHで接続の確認をする。

$ ssh -i id_rsa_gl2gh git@github.com
PTY allocation request failed on channel 0
Hi kawaken/kawaken.me! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.
Connection to github.com closed.

普段使っている鍵と違い、ユーザ名と特定のリポジトリ名が表示されている。

GitLabCIのVariableの設定

GitLabCIでは実行中の環境変数を外部から設定できるようになっている。プロジェクトのSettings -> CI/CDのVariableの設定に、Key/Valueの組み合わせを登録する。

Key名をSSH_PRIVATE_KEYにして、秘密鍵を登録する。

UI上は短い一行の値しか入力できないように見えるが、複数行の内容でも問題なく設定できる。

GitLab CIの設定

Using SSH keys with GitLab CI/CD | GitLab におおまかな手順は載っているが、ちょっと修正が必要になる。

自分は以下のような設定になった。

before_script:
# SSH用のディレクトリ作成
  - mkdir -p ~/.ssh
  - chmod 700 ~/.ssh
# github.comのSSH host keysを保存する
  - apt-get update -y && apt-get install openssh-client -y
  - ssh-keyscan -t rsa github.com >> ~/.ssh/known_hosts
# ssh-agentの設定
  - eval $(ssh-agent -s)
  - echo "$SSH_PRIVATE_KEY" | tr -d '\r' | ssh-add - > /dev/null
# git のユーザ情報設定
  - git config --global user.email "user@example.com"
  - git config --global user.name "Kentaro Kawano"

to_github:
  stage: build
  script:
    - rm -fr public
    - git clone git@github.com:kawaken/kawaken.me.git public
    - hugo
    - cd public
    - export MESSAGE="update $(date +'%F %T')"
    - git add -A .
    - git status
    - git commit -m "${MESSAGE}"
    - git push origin master

  only:
    - master

更新対象のリポジトリをhugoの出力ディレクトリとし、変更をすべてコミット&プッシュするようにした。

git statusを途中で実行しているのは、何が対象となったかをGitLabのJobのログに残したいため。

SSH_CONFIGを使用してgitのリポジトリURLを短縮する

gitのリポジトリSSHでアクセスするときに限るがSSH_CONFIGを使用することでホスト名を簡略化でき、リポジトリURLを短縮することができる。

SSH_CONFIGでの設定

例えば以下のようにする。

Host gh
  User git
  Hostname github.com

cloneする

GitHubでのリポジトリURLが以下のような場合、

git@github.com:kawaken/repositry.git

短縮して、

gh:kawaken/repositry.git

となる。さらに最後の.gitは無くてもいいので、最終的にコマンドは以下のようになる。

git clone gh:kawaken/repositry

ちょっとだけ便利。

ちなみにSVNでもこのテクニックは使える。